takumart.net link

takumart.net - Takuma saitou Art works |  Art Works  |  Photo Works  |  Profile  |  Download  |  Mail  |  Blog  |  Link  |  Sitemap  

2009年3月27日金曜日

「スマートフォン事情&市場:後半」

モバイル系コンテンツ充実してきましたね。
国内キャリアの縛りで未だに進歩は遅いですが。
Takumaです。
 

【スマートフォン】
携帯電話と携帯情報端末(PDA)の機能を融合した持ち運びが可能な情報機器。キーボードが搭載されているので、長文のメールを作成するのが楽で、スケジュール管理やエクセルなどのソフトが搭載されている場合も多い。もともとは法人用に開発されたもので、個人向けに相次ぎ新製品が発売されている。(by Yahoo!辞書)


前日に続く、後半です。


■アプリ&コンテンツ開発は伸びるのだろうか?■■■

まー。うちらコンテンツクリエイターは携帯機種自体は作らないので、お仕事としては実質こちらに興味がある。

スマートフォンの需要拡大は、アプリ&コンテンツ開発に直結するのだろうか?


▼スマートフォンでのアプリケーションストア利用、2013年までに4倍に急増▼
http://japan.internet.com/allnet/20090317/12.html

・アプリケーションストアのユーザー数が、2013年までに4倍に急増
・1億人を突破する予定

加えてポイントがある。

こうしたスマートフォンは、特定のモバイルOS向けにプログラムを作成する、どの開発者からのアプリケーションでも受け付けるオープンなプラットフォームがベースになっており、開発されたアプリケーションは、携帯電話キャリアの手を離れて、モバイルアプリケーションストア上で、自由に有料販売または無料配布される仕組みになっている。

正直、スマートフォンアプリの開発者が知り合いに今のところいないので、何ともいえないが、キャリア主導の縛りからモバイルコンテンツ業界が開放されるのは、喜ばしいことだ。

■業界としてユーザーはついてくるの?■■■■■■■

まー、加えてという感じだがユーザのモバイル利用動向も調べてみた。

▼アプリ:10~20代はモバイルでコミュニケーションよりも暇つぶし▼
http://markezine.jp/article/detail/6862

・10代女性の8割が毎日閲覧―年齢が低いほど、モバイルサイト閲覧頻度は高い
・10~20代女性の8割にとって「なくてはならない」―モバイルは4マス以上に必要な存在・10~20代はモバイルでコミュニケーションよりも暇つぶし
・モバイルの重要性は年齢が高くなるにつれ、男性では高くなり、女性では低くなる傾向

▼コンテンツ:急成長する「スマートフォン」市場▼
http://www.keyman.or.jp/3w/prd/23/30002223/

ちょっと、2007年で古いが・・・

・2008年を境に販売台数が、スマートフォン>携帯になる。
・コンシューマースマートフォンが優位でビジネス系は横ばい。
・全体の出荷台数自体は緩やかな上向き。

という事らしく、「若い女性に対し着うた&ゲーム」の業界が明るいらしい。
ブラウザ機能付き携帯の出荷台数が少くなるということは、数年後にコンテンツ開発もスマートフォンにシフトする事が十分に考えられる。

しばらくWEBを主戦場におくなら、メディア戦略の主導線として考慮すべきだし、長い目でみれば、モバイル系への転進も今後のキャリアの中で考慮しなければならない時期に、来ているのではないかと思う。

「デザインと情報&UI設計」でどこまでいけるのだろうか。

■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■


▼ナイン、あるんよ|革新する清酒9(ナイン)▼
http://gozenshu9.com/

●んで、一言
清酒の製品&ブランディングサイト。

顔が見えるという意味では、おもしろいアプローチのサイト。
ページ遷移や活字情報はほぼなし。

PIPで各テーマにそった話を蔵元の人たちが「語る」という
ムービーの連続で構成されている。

SEO上どうか?という事は除き、プロモーションサイトとしては、
このような自由な発想は面白いと思った。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■