takumart.net link

takumart.net - Takuma saitou Art works |  Art Works  |  Photo Works  |  Profile  |  Download  |  Mail  |  Blog  |  Link  |  Sitemap  

2009年7月1日水曜日

「ブラウザシェアの進捗とデザイン時のフォント」

WEBデザインは日進月歩。
ブラウザが変わるんだもの。
Takumaです。
 

【ブラウザー】
《「ブラウザ」とも》ウェブページを閲覧するためのソフト。米国マイクロソフト社のインターネットエクスプローラー、米国モジラファウンデーションのファイアフォックス、米国アップル社のサファリ、ノルウェーのオペラソフトウエア社のオペラ、米国グーグル社のグーグルクロームなど。(by Yahoo!辞書)



さてさて、今年の春にお届けした下記の記事。

▼takumart.net:takumaの「IE8の登場とブラウザ戦争の進捗:2009年春」▼
http://www.takumart.net/wordpress/archives/781

今年も6月末日となり、もうそろそろ夏の雰囲気になってきました?(←疑問系)

■まずは、春のおさらい■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

さてさて、この時期はIE8のリリースにより、シェアを食われ続けているIEが挽回できるかという時期でした。

▼4月のWebブラウザシェア、3月リリースのIE 8が躍進▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0905/01/news061.html

・1位:IE ⇒ 66.07%(IE 7:44.54% / IE 6:17.48%)

・2位:Firefox ⇒ 22.50%(Firefox 3:20.27% / Firefox 2:1.808%)

・3位:Safari ⇒ 8.23%(Safari 3.2:4.30% / Safari 3.1:1.90%)

・4位:Chrome ⇒ 1.41%(Chrome 1.0:1.31%)

結果とすると、IEとの差をFirefoxが詰めているということでした。


■夏前の現状はどうだろうか?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼Browser market share:by May, 2009▼
http://marketshare.hitslink.com/browser-market-share.aspx?qprid=0

調べてみたが、6月がなかったので5月でご勘弁を。

・1位:IE ⇒ 65.05%(IE 8:6.85%/ IE 7:40.83% / IE 6:16.94%)

・2位:Firefox ⇒ 22.51%(Firefox 3:20.43%)

・3位:Safari ⇒ 8.43%(Safari 3.2:4.56% / Safari 3.1:1.80%)

こちらの結果だとChromeの結果がotherに含まれてしまっている点が残念ですが・・・
IEは7と6から8にユーザを少し移し、引き続き他のブラウザにシェアを奪われ続けています。
Firefoxの伸びがほぼ無かったのは以外でしたが。

(※調査元が違うので、このままを100%信じられませんが。)

今現在は、IE8に移行しつつ、またFirefoxとSafariにシェアを奪われているのではないでしょうか?
「Firefox 3.5」が7月1日にリリースされますしね。楽しみや。

■デバイスフォント■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

ここ数年。バーチカルポータル系を中心に「アンチエイリアシング」されたフォントのCSS反映が多くなっています。
一見、以前なら画像だと思った場所が実は、テキストでフォント指定されていた事に気づくことがおおくなったのではないだろうか?

そもそも、「アンチエイリアシング」が反映されていないMSゴシックやOSAKA等のジャギーが目立つフォントが主流なのか。
これには、OSをはじめとしたブラウザ側にプリインストールされているフォントファイルが関係している。

そう。最初からカスタマイズ無しにインストールされているフォント。
つまり、みなさんの環境の変化にたいし、より同じように見えるフォント。
これが「デバイスフォント」というものなのである。


■WEBデザインにどう関係するの?■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

そもそも、デザインの話題に入る前に「RFP:用件定義」にて「対応ブラウザ」の確認をしておく。
全てのブラウザに100%同じように見えるサイトというのは、ブラウザが日進月歩する以上、ありえないのである。
(※でも、なるべく同じように見えるようにする対応を「クロスブラウザ対応」といいますが。)

つまりは、もっとも多く開発するサイトを見ているユーザーのブラウザを意識すべきだと考えます。
例えば・・・

▼IE8とIE7はメイリオ、IE6/FFはMS Pゴシック、Mac Safari/FFはヒラギノ角ゴを表示▼
http://www.nk0206.com/life/2009/06/ie8ie7ie6ffms-pmac-safariff.html

こちらの記事で紹介されているように、バグや処理の違いによって何のフォントがベストなのかをデザイン時に把握しておく必要があります。
(※CSSでのフォント指定にも様々なテクがあるようなので、これも追って最新動向を追わねば)

その上でデザイン時のフォントを選定する事が必用でしょう。

特に、ネットリテラシーの低いお客様とのコーディング後のトラブル。
「なんか、文字がギザギザじゃねーか!!紙みたいにキレイな文字にしろよ!!」
とか、よくある話なのですが、これらの用件を事前に整理してデザインにすることで、つまらないストレスは軽減できます。

使いどころが難しいところですが、こだわりたいところですよね。


■おまけ:ブラウザ最新動向■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼Mozilla、次期Webブラウザ「Firefox 3.5」正式版を日本時間7月1日にリリース▼
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090629-00000016-bcn-sci
『Firefox 3.5』には、『Webの制約を解放』『自由で創造性豊かなWebを実現』というメッセージを込めた」らしい
そして、また早くなったそうだ。いいぞ!!Mozilla。

▼Microsoft、IE 8ダウンロードキャンペーンを慈善団体と共催▼
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/11/news019.html
IE 8が1回ダウンロードされるごとにMicrosoftがFeeding Americaに朝食8食分の代金に相当する1.15ドルを寄付するキャンペーン。イメージ戦略?


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼OSHIKIRI 23:33▼
http://www.uniqlo.com/oshikiri/

●んで、一言

UNIQLOが期間限定ムービーコンテンツ「OSHIKIRI 23:33」を公開。1分単位でURLが発行されリンクできます。
「キャミソールコレクション」の撮影に臨んだ人気モデル・押切もえに密着して映像などを披露するスペシャルWEBコンテンツ。

撮影シーンの公開が面白いですし、タイアップしたタレントのバックボーンイメージをうまくつかってますよね。
ユニクロもキャミが有名雑誌の売り出し中タレントが着て撮影している事で、あるいみブランドのイメージステップを上げたいという狙いがあるのかもしれません。

これだけでなく、一覧画面とその先の撮影データの反映されている画面のデザインクオリティが高い。
さすがですねUNIQLO。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■