takumart.net link

takumart.net - Takuma saitou Art works |  Art Works  |  Photo Works  |  Profile  |  Download  |  Mail  |  Blog  |  Link  |  Sitemap  

2010年4月11日日曜日

「Twitterの企業アカウントで、できる工夫」

Twitterやってます。
まだまだ工夫できますね。
Takumaです。
 

【アカウント】
�� 貸借の勘定。計算。また、勘定書。計算書。
�� コンピューターやコンピューターネットワークを利用する権利。または、利用者を識別する上で必要な符号や文字列のこと。(by Yahoo!辞書)
 


登録ユーザーの60%がアメリカ以外(日本語 ドイツ語、イタリア語、フランス語 スペイン語 等)からともいわれるくらい、グローバル化が著しいTwitter。みなさん使っていますか?

▼ピックアップ▼
Twitter、登録ユーザーの60%がアメリカ以外から

SNSの一つのスタイルを生み出したTwitterですが、まだまだ色々な工夫が運用上でできそうです。
数あるノウハウ記事の中から企業アカウントに特化した、まとめ記事で気になったものをリストアップしてみました。


■アカウントのスタイルを把握しよう■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップ▼
企業がTwitterアカウントを開設する際に、冷静に考えるべき5つの選択:日経ビジネスオンライン


・01. 企業名アカウント(担当者名非開示)
・02. 企業名アカウント(担当者名開示)
・03. 企業名+個人名アカウント
・04. 企業関連キャラアカウント
・05. 個人名アカウント(企業名開示)

のどのスタイルをとっているのかをまず考えようという記事。
各スタイルでのメリットとデメリットに加え各ケーススタディも紹介されています。


■運用する際に気を付ける事■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップ▼
ソーシャルメディアでよくある10の過ち | SEOモード


・01. フォローしすぎること
・02. 利用できるものを全て利用すること
・03. 中途半端にやめてしまうこと
・04. 従業員を訓練しないこと
・05. あなたのプロフィールを新入りや低水準の従業員に管理させること
・06. ソーシャルメディアが無料であるかのようにふるまうこと
・07. 公開してから考えること
・08. 指標を考慮しないこと
・09. ROIは計算することができないと見なすこと
・10. 世間の人びとに期待すること

そもそも、気軽に始めるにしても本腰いれないと逆に悪影響を及ぼしかねない。
その為のチェック項目のようなまとめ記事。

運用担当者のリテラシーや、人件費のコスト面に関しても触れられています。
「とりあえずTwitterはじめたいのよ」というお客様にオススメできない際の分かりやすい指標になりそうですね。


■更新する際に気を付ける事■■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップ▼
Twitterでフォローを外されたり、mixiでマイミクを拒否られるタイプ8種類、あなたは大丈夫? - GIGAZINE


どちらかというと、始まってからの担当さんのユーザーさんへの関わり方のような側面ですね。個人アカウント向けの内容も含まれてますが、広告目的で以下のような事をしてしまえば、せっかく獲得したフォロワーも逃げてしまいますね。

・01. 「コミュニケーション中毒者」
・02. 「実況中毒者」
・03. 「布教しまくる狂信者」
・04. 「内輪話ばかりする人」
・05. 「コピペだけの人」
・06. 「情報弱者」
・07. 「釣り人」
・08. 「いなくてもどうでもいい人」


■でもまずは、プロフィール画像からですよね■■■■■■■■■

▼ピックアップ▼
Twitterでフォロワーを獲得したい人:プロフィール画像は基本ですよ

プロフィール画像を自身で登録している利用者は、画像を掲載していない利用者に対して平均で10 倍のフォロワー数となっていることを発見したという調査記事。

確かにデフォルトのプロフィール画像は、ちょっと信用ないですよね。

というわけで、これはOK、これはNGが、まだまだハッキリしないTwitterでのアカウント運用の企業用まとめをお送りしました。なかなか難しいですね~♪


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
eyeBrake.jp | アイブレーキ

●んで、一言

多ジャンルのブランド商品を紹介しているサイト。
テーマを不用意に絞らないカテゴリー設計と、FlashでRIA的に見せつつもカテゴリや価格等の軸で再整理できるデザイン。

確かに、情報収集性を考えると既存のECがよいのですが、セレクトショップを休日に見に行く感覚なら、こういうタイプのアプローチもありですよね。

Flashタイプで多ジャンルかつ多ブランドを扱うタイプのサイトの参考として素敵なサイトですね。

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■