takumart.net link

takumart.net - Takuma saitou Art works |  Art Works  |  Photo Works  |  Profile  |  Download  |  Mail  |  Blog  |  Link  |  Sitemap  

2011年7月24日日曜日

「Google+を触ってみた感想」

Google+ボタン先日つけました。
ちがうのですSNSもあるのですよ。
Takumaです。
 

【Google+ (グーグル プラス) プロジェクト】
ウェブ利用において共有は大きな部分を占めます。Google は、共有をもっと簡単にできるのではないかと考えました。そこで Google では、いくつかの新しい機能を追加するために取り組んできました。目的は、実生活での人とのつながりと同じように、ウェブ上で他のユーザーとつながるようにすることです。これまでにリリースした機能をぜひお楽しみください。また、今後も新しい機能が予定されていますので、引き続きご注目ください。 (by プロジェクト公式サイトより)

 

さてさて、対facebookという表現がよくされている、
限定招待性ながらスタートした、「Google+」

▼Google+ プロジェクト参加申請はこちらから▼
Google+ プロジェクト

心ある方に招待いただいて、
使えるようになって早 一週間。少し使ってみたのでその感想。

「Google+を触ってみた感想」


----------------------------------------

(1)facebookぽいが、そこまで導入の敷居が高くない。

まず思ったのがここ。
facebookがリアルの情報を極めて正しく入力することを運営側が求めているのに対し、Google+はそこまで現時点で強制させる感じはしない。

というのもfacebookは「一人=1アカウント。これ絶対」を大原則としてるので、記載を求められる情報が多く、その求められ方のプッシュ力がかなり強い。

しかし、Google+は、そのルールまだ完全には、聖域化していないようなので、日本国内のSNS(mixiとか)を使ってきた人からすれば拒絶反応が少ないかもしれない。

また、Googleプロフィールが自己紹介要素を担っている事を始めとして、既存のGoogleサービス(カレンダーやリーダー等々)を跨いで使えるインタフェースにヘッダーがなっている。
つまり、他のGoogleサービスユーザーがそこをコンタクトポイントとして、Google+を使い始める事が今後、考えられるので・・・そりゃ、ゼロからfacebook使うのに比べて始めやすいですよね。

----------------------------------------

(2)facebookぽいが、友達のカテゴライズが自由だ

Google+の場合、交友関係のグループ化は「サークル」と言う形で行われる。
サークルは自分で増やすことができ、いくらでもカテゴライズできる。

友達(カード状)に並んだ連絡先を、作ったサークルへ ドラッグドロップで放り込むことでグループ分けする。

この、視覚的なユーザーインタフェースで分かりやすい。

----------------------------------------

(3)facebookぽいが、交友範囲がガチガチじゃない

facebookと大きな違いは、サークルの登録に相手の同意が必要ない事。

つまりは、情報は基本的にはオープンな発信であり、それの公開範囲を制限するのは、投稿時である。(※サークル別にfacebookでいうウォールや、投稿の閲覧可能範囲に指定できたりする)

この理由は、Googleが作ったサービスなのだから、「SNSとしてのスタンス・それに伴う情報のプライオリティ」が、そもそもfacebookと違うからだろう。

その例に、

▼ピックアップ▼
Googleプロフィールを「限定公開」していると、7月31日に削除されることが判明 ? ロケットニュース24(β)

検索されることを避けて限定公開していると、2011年7月31日に、プロフィールが削除されてしまうという事らしい。

facebookがリアルの交友関係をネットでも展開するのに対し、
Google+は、そもそもネットでの交友関係を広げる為の場所であり、全てでないにしろ個人情報を開示し、検索で見つけてもらえる状態作ることを求めているようだ。

----------------------------------------

簡単にまとめると

深く、狭く、しっかり制限された、fadcebook。
深くも浅くも、自己責任で誰ともつながろう! Google+。

といった所だろうか。

まだまだ、ビデオチャット(10人までが同時に参加できる)とか使ってないので、そこらへんは、使い倒したら 改めて感想記事でも書こうかと。

GoogleWaveのような結末にならないよう、
シンプルに、直観的ではじめやすく、何を最初にすべきか分かり易い。という所は、facebookとちがうアプローチを今 以上にお願いしたい所です。

twitterと、facebookと、mixiと・・・・Goolge+
既に日本国内で根を張っているSNS達の牙城を崩せるか。楽しみです。


■P.S:今日の気になったサイト■■■■■■■■■■■

▼ピックアップサイト▼
Google Plus Nick
●んで、一言
Google+のプロフィールページを紹介する短縮URLサービスです。

自分のログイン後のページのURL
https://plus.google.com/○○○○○○○○○/
と記載されている数字の羅列と、短縮URLにしたい英字文字列を入力して「add」するだけで短縮URLが生成可能。Google公式サービスではないですけどね。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■